立山山麓 植物図鑑

9月中旬の植物

タカサゴユリ


(解説)ユリ科ユリ属
純白の花を付けるテッポウユリに対して、花被片(花弁)の外側が紫色を帯びることが多い(純白のタカサゴユリもあるようだ)。またテッポウユリと比べて細長い葉を付ける。種子をまくと1年で開花するのでよく殖え、各地で野生化しているようだ。年数が経つと、1本で10輪以上の花を付けるようになる。

(開花時期)9月

(場所)粟巣野エリア

(メッセージ)とても白く美しいユリです。
ユリってすごく存在感ありますよね。
香りもいいし、すごくひきつけられます。

ツクバネソウ


(解説)ユリ科ツクバネソウ属
晩春~初夏の登山道脇や森林公園などの散策路でよく見かける花だが、花弁もなくあまり目立たないので、気にも留めずに通り過ぎる人がほとんどであろう。ところが、秋になると、その名前の由来の通り、正に羽子板でつく羽(羽子)そのもののような実をつけ、ちょっと毒々しい色のせいもあって、目立つ存在になる。それでも、我々の身近ではそれほど多くの数を見ない。
山地の林内に生える多年草。円柱状の茎が直立し、先が尖った卵形の葉が4枚(まれに5枚)輪生する。花被片は外花被のみで4枚ある。雄しべは8本、雌しべは1本で先は4つに分岐している。果実は球形で、黒く熟す。


(開花時期)9月

(場所)瀬戸蔵山・大品山エリア

(メッセージ)9月頃にツクバネソウは実をつけます。
その実は、この名のごとく羽子板の羽根のような形をしています。
実がとってもかわいらしいので、皆さんにもみていただきたいです。

ダイモンジソウ


(解説)ユキノシタ科ユキノシタ属  
  大文字草の名前は、漢字の「大」に似た形の花を咲かせることから由来しています。分類としては、ユキノシタ科に属します。小さい花ですが、そのひっそりとした控え目なたたずまいの中に、暗く湿った場所に生えて生き抜く強さを感じさせる、非常に風情のある草です。

(開花時期)9月

(場所)瀬戸蔵山・大品山エリア

(メッセージ)【大】って見えるからダイモンジソウ。
確かに大の字になって見えます。
細い花びらで【大】という文字には見えますが、とっても小ぶりな花です。
これも覚えやすい花ですね。