立山山麓 植物図鑑

9月上旬の植物

ミゾソバ


(解説) ミゾソバは日本全国の小川や沼沢地、湖岸などに生育する一年生草本。やや富栄養な水質の場所に生育し、水田地帯の用水路などに群生していることが多い。
葉の先を下にして見ると,葉柄の両脇にある突起を「つの」に見立て,ウシノヒタイ(牛の額)の別名があるそうです

(開花時期)9月

(場所)全エリア

(メッセージ)ミゾソバって、小さくてかわいらしいですよね。
どこにでも生えていて多いので、皆さんもよくご存じですよね。
金平糖に見えませんか?
草むらのコンペイトウは、ピンクと白の可愛い花です♪

キツリフネ


(解説)ツリフネ科ツリフネ属
1年草。 山地の渓流沿いなどの湿った林内に生える。 草丈40~80cm。
葉は互生、葉身は卵形~長楕円形。 縁に粗く浅い鋸歯がある。
花は淡い黄色で茎の上部の葉脇にぶら下がってつく。 長さ3~4cm。
花弁は3枚。
果実は果。 刺激を与えるとはじけて、種子が飛び散る。

(開花時期)9月

(場所)全エリア

(メッセージ)キツリフネの花言葉は、【私にさわらないで】ですって。
なんと近寄りがたい花言葉…。
と、思ったらキツリフネの種子は熟すと勢いよく飛んでいって増えるんだそうです。
ホウセンカと同じですね。
それにしても【私にさわらないで】とは、キツイ花言葉です。

イヌタデ


(解説)タデ科タデ属
アカマンマの名前で親しまれている代表的なタデである。
畑や道端など、いたるところに生えてくる。葉に辛みがなく、人の役には立たないので、【イヌ】の名がつく。
タデの花はすべてそうですが、花びらに見える部分は萼で花の後も鮮やかな色を残したまま果実をつつむ。

(開花時期)8月

(場所)全エリア

(メッセージ)これも赤いツブツブの花です。
でもツブツブ感はイヌタデの方が、多いです。
昔、駄菓子であった【梅ミンツ】に似てませんか?
この花もよ~く近くで見てください。
とっても愛らしい花がついてるんですよ。