立山山麓 植物図鑑

6月下旬の植物

ニッコウキスゲ


(解説)ユリ科ワスレナグサ属
高原の花としてよく知られている。
ラッパ形の花を次々と咲かせる。花は朝開いて夕方にはしぼむ一日花である。

(開花時期)6月下旬

(場所)稜線エリア

(メッセージ)とても明るい黄色で、見てる人を元気にしてくれるニッコウキスゲ。
とても鮮やかな黄色で山を彩ってくれています。

ササユリ


(解説)ユリ科ユリ属
葉が笹の葉に似るのが名の由来。
日本固有種で、野山の林縁や草原に生えるが、園芸目的の採取などにより数が減っている。

(開花時期)6月下旬

(場所)極楽坂・稜線エリア

(メッセージ)目が奪われるほどの美しさをもっているササユリ。
ここ立山山麓にも咲いています。
ですが、残念ながら年々、数が減っているのも事実です。

お願いです。
採取せずに見守っていただきたいです。
自然の中で咲いている姿はとても美しいと思います。
ここで根付いて一生懸命咲いているんです。

どうか採取せず、見守って下さい。