立山山麓 植物図鑑

4月上旬の植物

キクザキイチゲ


(解説)キンポウゲ科イチリンソウ属
キクザキイチリンソウともいう。
花の色は、白、ピンク、紫、青など多彩な変化があり、花びらの長さや幅もさまざまである。

(開花時期)4月~5月

(場所)粟巣野・極楽坂エリア

(メッセージ)よく見てみるとお花がすごくかわいいんですよ。
中心部分が愛らしい感じがします。
同じイチゲ仲間もありますが、葉で区別するとわかりやすいかもしれません。

ミズバショウ


(解説)サトイモ科ミズバショウ属
雪がとけるとすぐに咲きだし春の到来を告げる。
山野の湿地に生え、群生することが多い。

(開花時期)4月

(場所)粟巣野・極楽坂エリア

(メッセージ)ミズバショウの花言葉は【変わらぬ美しさ】【美しい思い出】だそうです。
ミズバショウの群生して咲いてる光景は、本当に美しいです。
ミズバショウも春の訪れを教えてくれる山麓の花のひとつです。
とてもいい香りがします。

カタクリ


(解説)ユリ科カタクリ属
赤紫色の花の美しさから春の妖精にも喩えられる。
花は日が当たると開いて反りかえり、夕方に閉じる。
種子がこぼれてから花が咲くまで7~8年かかる。

(開花時期)4~5月

(場所)粟巣野・極楽坂

(メッセージ)群生していることの多いかたくりは、小さな花ですが山麓に春の訪れを
感じさせてくれる花です。
カタクリは減少著しい野草で、鱗茎をとってしまうと株が絶えてしまいます。